トップページ > 研究 > 研究内容

現地実践プロジェクト -Localism-

概説

 ICHARMで開発している各種モデルの現地適応性を検証するために、「Localism」の旗印のもと、アジア開発銀行やUNESCOが実施している現地実践プロジェクトに参画し、現地の行政機関や研究機関と共同して様々な活動を行ってきた。これらのプロジェクトは、各種機関との調整や実際の活動に困難さが伴うものであったが、どの活動も成功裏に終了することが出来たと考える。

ICHARMがこれまでに行ってきた主な現地実践プロジェクト

[このページの先頭へ]