Our Mission

 ICHARM の使命は、世界から、国、地域レベルで水関連災害とリスクマネジメントに携わる政府とあらゆる関係者を支援するために、自然、社会現象の観測、分析、手法・手段(水災害のハザード解析や脆弱性把握などリスク評価)の開発、能力育成、知的ネットワーク構築、教訓、情報の発信等を通じて、水関連災害・リスクマネジメントの世界的な中核的研究拠点としての役割を果たすことである。ここでは、水関連災害として洪水、渇水、地すべり、土石流、津波、高潮、水質汚濁、雪氷災害をいう。
 ここでいう世界的な中核的研究拠点とは、(i) 革新的な研究、(ii) 効果的な能力育成、(iii) 効率的な情報ネットワーク、によって、世界をリードする人材、優れた施設、知的財産を擁する場を意味する。この 3 本柱によって、ICHARM は国家、地域における現場実践の知的拠点、及び実社会での政策立案における助言者としての役割を世界において果たす。
(2016年3月3日修正)


2018年4月9日
南雲直子専門研究員が「2017年度日本地理学会賞(論文発信部門)」を受賞しました check

詳細はこちら >>

2018年4月5日
スリランカで「第2回・水のレジリエンスと災害プラットフォームに関する会議」を開催しました check

詳細はこちら >>

2018年2月27日
第59回・第60回ICHARM R&D Seminarの開催 check

詳細はこちら >>

2018年2月22日
第3回ICHARM運営理事会を開催しました check

詳細はこちら >>

2018年2月7日
ICHARM ラスミ主任研究員 外務大臣より感謝状を授与 ー国際緊急援助活動(スリランカ国)ー check

詳細はこちら >>

2018年1月31日
ICHARM Newsletter Volume 12 No.4(第47号)
発行
  check

ICHARMニュースレターの最新号を発行しました。

<Topics>
小池センター長からのご挨拶
IFI(国際洪水イニシアティブ)の2017年活動報告
第2回ミャンマーにおけるIFI連携に関するハイレベル諮問会議
ICHARMの研究紹介
  1, モハメッド ラスミー アブドゥル ワヒド主任研究員主任研究員「第24回アジア・太平洋地域宇宙機関会議(APRSAF-24)」
  2, 南雲 直子専門研究員「トンレサップ湖による塞き上げ効果を考慮したセン川下流域の土砂輸送」
  3, リュウ トン専門研究員「Forecasting in the Upper Indus Basin considering snow and glacier meltwater」
  4, 博士課程学生グル アハマド アリ氏「Field observations in Jamuna River, Bangladesh」
横浜駅西口地下街等関係事業所との浸水対応検討のためのワークショップの開催
修士コース 活動報告
水文モデリングのワークショップをICHARM内で開催
フォローアップセミナー、ミャンマー
ESCAP専門家会合、タイ
IAEA RAS/7/030プロジェクト、スリランカ
UNESCO IHP 第25回 RSC-SEAP(東南アジア太平洋地域運営委員会)会合
2017グローバル技術協力フォーラム (GT-DAY)、韓国
持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議-災害レジリエンス構築のための科学・技術国際フォーラム2017
第3回アジア太平洋水サミット(APWS3)でセッション「気候変動下の水と災害-山岳から島嶼まで-」を開催
SATREPS研究計画会議、タイ
ユネスコパキスタンプロジェクト ADCPトレーニング
ネパール ウエストラプティー川現地調査
ミャンマー シッタン川現地調査
新任の挨拶
交流研究員・インターンシップ感想文
海外出張リスト
訪問者リスト
発表論文リスト

こちらよりダウンロードいただけます。


2018年1月31日
センター長からのメッセージを更新しました。 check

詳細はこちら >>

2017年12月22日
2018年度 博士課程「防災学プログラム」学生募集を開始 check
ICHARMとGRIPSは、2018年度 博士課程「防災学プログラム」 学生募集を開始しました。
応募締切: 2018年3月2日(金)
詳細はこちらの博士課程サイトをご覧ください。

過去のトピックス >>

[このページの先頭へ]