Our Mission

ICHARMの使命は、国際から、国家、地域レベルで水関連災害・リスクマネジメントに携わる政府とあらゆる関係者を支援するために、自然・社会現象の観測・分析、手法・手段の開発、能力育成、知的ネットワーク、教訓・情報の発信等を通じて、水関連災害・リスクマネジメントにおける世界的な拠点としての役割を果たすことである。
(2014年2月25日修正・部分引用)


2016年8月22日
2016年3月3日に開催した『第2回ICHARM運営理事会』の会議資料を、土木研究所資料第4337号として取りまとめました check

2016年7月29日
ICHARM Newsletter Volume 11 No.2(第41号)
発行
  check

ICHARMニュースレターの最新号を発行しました。

<Topics>
- 小池センター長からのご挨拶
- 竹内顧問 活動報告
- 22回ユネスコIHP政府間理事会・国際洪水イニシアチブ(IFI)サイドイベント
- JAXA-SAFEプロジェクトの活動、カンボジア、スリランカ、インドネシア
- 「気候変動及び社会経済シナリオを考慮した広域河川氾濫リスク予測モデル開発」第1回合同ワークショップ、バングラデシュ
- RRI (降雨流出氾濫)モデル ウェブサイトで公開
- 日本でワークショップ「パキスタンの統合的な洪水リスク管理能力向上」実施
- 修士課程研修生 信濃川流域 現地訪問
- 元国際水資源学会会長/現シンガポール国立大学上席研究員セシリア・トルタハーダ博士 日本の地方政府機関の施設訪問
- ICHARM Open Day 茨城県立竹園高等学校・茨城県立並木中等教育学校 ICHARM訪問
- 韓国 水安全・持続可能な管理研究所(i-WWSM) ICHARM訪問
- 台風委員会(TC)防災部会第11 回年次ワークショップ、韓国
- 国際連合食糧農業機関(FAO) 主催「災害による作物、家畜、漁業、養殖、林業への被害に関する情報システムの確立に関する専門家協議」ローマ、イタリア
- UNISDR(国連国際防災戦略事務局)による仙台防災枠組の指標・用語集に関するOIEWG(政府間専門家ワーキンググループ)非公式会合、ジュネーブ
- UNESCO 主導プロジェクト「パキスタンにおける洪水警報および管理能力の戦略的強化フェーズ2」ワークショップ、パキスタン
- アジア開発銀行(ADB)プロジェクト「都市管理に関する技術移転(TA-8456):パートII 洪水管理」最終ワークショップ・トレーニングプログラム 他
- 大原美保主任研究員 地域安全学会 優秀論文賞を受賞
 南雲直子専門研究員 地域安全学会 優秀発表賞を受賞
- 人事異動のお知らせ
- インターンシップ感想文
- 発表論文リスト

こちらよりダウンロードいただけます。


2016年7月29日
センター長からのメッセージを更新しました。 check

詳細はこちら >>

過去のトピックス >>

[このページの先頭へ]