Our Mission

ICHARMの使命は、国際から、国家、地域レベルで水関連災害・リスクマネジメントに携わる政府とあらゆる関係者を支援するために、自然・社会現象の観測・分析、手法・手段の開発、能力育成、知的ネットワーク、教訓・情報の発信等を通じて、水関連災害・リスクマネジメントにおける世界的な拠点としての役割を果たすことである。
(2014年2月25日修正・部分引用)


2017年2月14日
滋賀県における水害に強い地域づくりに関するアンケート調査の集計結果のご報告 check

詳細はこちら >>

2017年2月14日
ICHARM Newsletter Volume 11 No.4(第43号)
発行
  check

ICHARMニュースレターの最新号を発行しました。

<Topics>
- 小池センター長からのご挨拶
- 竹内顧問 活動報告
- アジア開発銀行(ADB)プロジェクト「都市管理に関する技術移転(TA-8456):パートII(洪水管理)」終了
- IFIサイドイベント「持続可能な開発のための気候変動下における洪水被害軽減」インドネシア・ジャカルタ
- 「世界気象機関洪水管理連携プログラム助言・運営委員会」年次会合 ジュネーブ
- 水害リスク情報を活用した地域の経済発展に関する各種関係機関との意見交換を目的としたワークショップ開催 フィリピン・マニラ
- UN ESCAP「越境河川における洪水予測に関するトレーニング」タイ
- UNISDR(国連国際防災戦略事務局)による、仙台防災枠組の指標・用語集に関するOIEWG(政府間専門家ワーキンググループ)会合 ジュネーブ・国連事務局
- UNESCO 主催「国際会議:乾燥地帯における貧困緩和のための水とエネルギー、食糧安全保障に関するアジア太平洋政策対話」パキスタン
- ミャンマー・ヤンゴン工科大学よりICHARM訪問
- 台風委員会 第11回統合部会 フィリピン・セブ
- 第15回アジアの巨大都市の安全性向上のための新技術に関する国際シンポジウム・高潮被災地の復興状況視察 フィリピン・レイテ島タクロバン市
- バングラデシュ水開発庁(BWDB)よりICHARM訪問
- 筑波大学大学院 生命環境科学研究科の留学生 ICHARM・土木研究所 水理実験施設訪問
- APRSAF-23 ワークショップ参加 フィリピン
- Maksym Gusyev専門研究員 国際原子力機構(IAEA)から日本側 alternate National ProjectCoordinator( NPC) および「IAEA地域協力協定(RCA)RAS/7/30 プロジェクト」のIAEA専門家・講師に任命
- インド・ビハール州水資源大臣 ICHARM訪問
- 世界気象機関(WMO) 第15回水文委員会(CHy-15)イタリア・ローマ
- 平成28年8月台風10号豪雨による岩手県小本川洪水災害調査
- フラッシュフラッドに関する国際会議 エジプト
- ネパール国ウェストラプティ川流域現地調査・土砂流出に関するワークショップ参加
- 第57回、第58回R&D セミナー
  茨城大学 若月泰孝准教授
  スリランカ政府都市・西部開発省 上級顧問 Srikantha Herath教授
- 修士課程の学生、利根川中流部及び鬼怒川上流部の現地視察・関東地方整備局および鶴見川流域内の総合治水対策等の視察
- 2017年度 博士課程「防災学プログラム」学生募集
- ICHARM 10周年記念誌 出版予定
- インターンシップ感想文
- 人事異動のお知らせ
- 発表論文リスト

こちらよりダウンロードいただけます。


2017年2月14日
センター長からのメッセージを更新しました。 check

詳細はこちら >>

2017年2月10日
非常勤職員(事務補助)を1名募集します
(募集は締め切りました)



2017年1月30日
専門研究員募集(2名) 
(募集は締め切りました)


2017年1月11日
ICHARM紹介パンフレットと紹介ポスターを更新しました

こちらよりダウンロードいただけます。


過去のトピックス >>

[このページの先頭へ]